福祉用具導入事例集

福祉用具は沢山あるけど、どんな事に気を付けて選んだら良いの? お客様に喜んで頂いた成功例から、悩んだ事例、時には失敗も。役に立つ福祉用具の選び方事例です。

円背、関節拘縮により、床ずれ、拘縮悪化のリスクがある利用者に、筋緊張の緩和と床ずれリスクの軽減を両立できる体位変換器の選定

体位変換器 ナーセントロール

利用者像

円背、関節拘縮により、床ずれ、拘縮悪化のリスクがある方

  • 性別・・男性
  • 身体状況・・・強度の円背があり仰臥位は困難で片側に麻痺があり、痩せ型で骨突出もあり、床ずれリスクも高い。<br /> 食事の時は車いすを利用するが、肘の支持、頚部、体幹保持が困難。
  • 生活状況・・妻、長男家族と同居。昼間は妻と二人で過ごす事が多い。生活のほとんどはベッド上で過ごす。

利用者や家族のご希望・ご要望

本人
ベッド上で仰向けになりたいけど、介助をしてもらわないといけないし背中が 曲がっていて痛いし難しいんだよなぁ。
片側に麻痺があって車いすに乗っていても姿勢が崩れやすいんだよなぁ。
車いすやベッドの上でしっかりと姿勢を保たせたいのだけど難しいでしょう?
ずっと同じ姿勢だと床ずれになるって聞いたからベッドの上でも体に負担をかけずにいろいろな姿勢で日中過ごしてほしいわ。
あと、足が少しずつ曲がって硬くなってきてるのが気になるわ。

ウィードメディカルからのご提案

身長・体重・用途によりM・Lサイズを使い分け、1本で仰臥位、ギャッジアップ姿勢など様々な体位に便利に使用できる体位変換器をご提案します。

提案商品

ナーセントロール

ナーセントロールの商品画像

中の素材に使用してある円柱形小ビーズ(ポリプリーズ)は、伸縮性のある3個の中袋に入っており、自由自在に身体にそってフィットする為、車いすやベッド上でのポジショニングや除圧など多様な状況で効果を発揮する事のできる体位変換器『ナーセントロール』

実際に使ってみてもらいました

本人
今まで、腰が曲がって膝も曲がって固まってきていて、車いすに座っていても姿勢が崩れてしまっていたけど、姿勢を保てるようになったよ。 だけど介助してくれる人によってムラがあるな~。
膝の間に挟んでくれたら、今まで膝の屈折部分で下半身を支えていた感覚だったのが足全体で支えてくれているような気がして楽だな~。
結果

ご提案いたしました『ナーセントロール』をご利用いただく事となりました。

今までは円背や関節の拘縮があり、姿勢保持が困難なご様子でしたが、効果的に体位変換器をご利用いただく事で車いすでの姿勢も崩れなったとおっしゃっていただきました。さらに、奥様も手入れが簡単で、汚れてしまった場合でも自宅で丸洗いができるから助かっていると満足いただいています。