福祉用具導入事例集

福祉用具は沢山あるけど、どんな事に気を付けて選んだら良いの? お客様に喜んで頂いた成功例から、悩んだ事例、時には失敗も。役に立つ福祉用具の選び方事例です。

動きやすさと座位の安定を実現するためのマットレスの選定

体圧分散式マットレス アルファプラすくっと

利用者像

ご自身での起き上がりが困難な方

  • 性別・・女性
  • 身体状況・・・寝返り可。起き上がりほぼ全介助。端座位可。ご自身で立ち上がり可。食欲あまりなし。やせ型。骨突出あり。拘縮なし。むくみなし。<br /> (OHスケール点数3点)仙骨部に発赤あり。
  • 生活状況・・長女と二人暮らし。起き上がりの介護負担が大きく、介護者の介護への意欲が低下してきている。

利用者や家族のご希望・ご要望

本人
少し手伝ってもらえたら起き上がりができるんだけど、お尻が赤くなってるから柔らかいマットレスを使っているんだけど、柔らかいマットレスだと起き上がりが辛くてつい、娘に頼ってしまうわ・・・
長女
ベッドサイドに座るのもマットがやわらかすぎて、ずっとそばにいないといけないし。
もう少し介護が楽になればいいんだけど・・・

ウィードメディカルからのご提案

動きやすさと座位の安定を兼ね備えたマットレスは「アルファプラすくっと」のご利用をご提案致します!

提案商品

アルファプラすくっと

アルファプラすくっとの商品画像

マットレスの両端に高硬度ウレタンを使用しているため、起き上がり・端座位・立ち上がりが安定。
また、起き上がり介助の際、足をつく位置が安定するため介護負担軽減。
中央部分は低硬度ウレタンと高硬度ウレタンの組み合わせによる体圧分散効果により、仙骨部への圧力を分散させることが可能。
また、内部にαゲルを使用していることにより、適度な反発力があり、動きやすいマットレス『アルファプラすくっと』

実際に使ってみてもらいました

本人
今まではマットレスが柔らか過ぎたから、体が沈み込んでしまって自分で起き上がったりするのが難しかったけど、今使っているマットレスは適度な反発力があって動くのが少し楽になったみたい!
長女
マットレスの端が適度に硬くてベッドサイドに座った時でも安定して座っていられるみたい!
安心して座れるからベッドで横になっている時間が少しずつ減ってきているみたいだわ!
マットレスの中央部分は柔らかいから発赤も治ってきたみたい!
結果

ご提案いたしました『アルファプラすくっと』をご利用いただく事となりました。

端座位が可能になったことにより、ギャッジアップでの食事からベッドサイドでの食事が可能となり食欲も増し、栄養状態も改善されました。
長時間寝ていたことによる仙骨へ圧力がかかっている時間も減りました。自力動作の増加による離床時間の増加・栄養状態改善等もあり、しだいに発赤が改善してきたとおっしゃって頂きました。
また、両端の高硬度ウレタンの効果により、起き上がり時の介護負担が軽減され、介護者の介護への意欲低下を改善することで寝かせきりにする場面も減少したとの事です。