福祉用具導入事例集

福祉用具は沢山あるけど、どんな事に気を付けて選んだら良いの? お客様に喜んで頂いた成功例から、悩んだ事例、時には失敗も。役に立つ福祉用具の選び方事例です。

屋内を転倒なく安全に歩行するために、身体状況にあった歩行器の選定

歩行補助車 ラビット

利用者像

屋内を転倒なく安全に歩行することが困難な方

  • 性別・・女性
  • 身体状況・・・手の握力が弱く、上半身のバランスが不安定。下半身の筋力も低下しており、転倒のリスクが高い。
  • 生活状況・・自宅内は敷居等は撤去してあり、バリアフリーとなっている。息子家族と同居。

利用者や家族のご希望・ご要望

本人
足の力が弱くなって、何かに掴まらないと一人では歩けないわ・・・
何か歩く時の支えになるようなもの使いたいけど何が自分に合っているかわからなくて困っているの・・・
息子
腕で体を支えるのは難しいと思うから上半身がもたれかける事のできる歩行器が良いんじゃないかな?
あと、ブレーキが無いと歩行器が進み過ぎてしまいそうで怖いな。歩行器を使っていないときに邪魔にならないように、少しは折りたたみが出来た方がいいな。

ウィードメディカルからのご提案

現在の身体状況に合わせ、上半身をもたれかける事ができ、
ブレーキ付きの歩行器2点をご提案いたします。

提案商品

提案その1 ホップステップ SM-40

提案その1 ホップステップ SM-40の商品画像

上半身を支える為の肘が置ける幅広のハンドルがあり、グリップタイプのブレーキが付いた歩行器『ホップステップ SM-40』

実際に使ってみてもらいました

本人
自分の身長に合わせた高さに調節が出来るから楽な姿勢で歩く事ができるわ!でも、ブレーキがグリップタイプとなっているから、握力が弱い私にはブレーキの操作が少し硬く感じるわ・・・

提案商品

提案その2 ラビット

提案その2 ラビットの商品画像

上半身を支える為の肘が置ける幅広のハンドルがあり、そのハンドル中心部に両手で握られるタイプのブレーキが付いた歩行器『ラビット』

実際に使ってみてもらいました

本人
この歩行器も自分に合った高さに調節が出来るから楽な姿勢で歩けるわね!ブレーキも両手で握る事ができるから安心して家の中を歩く事ができるわ!
息子
母は握力が弱いから母には『ラビット』という歩行器が合っている気がするな~物を入れる鞄も付いているから便利だね!折りたたみも簡単に出来るね!
結果

ご提案いたしました『提案その2 ラビット』をご利用いただく事となりました。

上半身をもたれかけ、楽に上半身を支える事ができ、利用者様の手にあまり力が入らなくとも両手でしっかりと握れ、ブレーキも簡単にかける事できており、安全に屋内の歩行が行えているご様子でした。また、使用しない時は折りたたみが簡単に出来、邪魔にならないとおっしゃっておられました。今では、安心して、歩行が行えるようになったと大変ご満足頂いております。