【介護特集】4つのキーワードで簡単夏バテ対策!!

今年も暑い夏が予想されること間違いありません!
ですが、食事である程度夏バテは改善できます。
今回は、暑い夏を乗り切る、4つのキーワード食材をご紹介します♪

[1] ネバネバ系食材
とろろ、おくら、納豆、モロヘイヤなどは、食物繊維を多く含み、胃腸の
はたらきを良くしてくれます。また、汗で失われがちなビタミンやカリウム
も一緒に補うことが出来ます。

[2] 夏野菜系食材
夏場は暑さや睡眠不足によるストレスでビタミンCが不足しがちです。
トマト、かぼちゃ、枝豆、ゴーヤなどの夏野菜にはビタミンCが豊富なも
のが多いので、積極的に摂取することをオススメします。

[3] すっぱい系食材
レモン、梅干、グレープフルーツなどのクエン酸を多く含む食べ物は、
疲労の原因となる乳酸を排出する機能があります。

[4] スタミネ系食材
うなぎ、豚肉、レバーなどは、疲労回復・食欲回復の効果が高い、
ビタミンAやビタミンBを多く含んでいます。

※これらの食材と水分をこまめに摂取し、夏バテ予防を行っていきましょう。
また、冷たい飲み物のがぶ飲みは胃腸を崩しやすく、夏バテの原因とな
る為、気を付けて摂取しましょう。

4つのキーワードで簡単夏バテ対策