【福祉用具 情報】今後の法改正の動向について(福祉用具)

■今後の法改正の動向について(福祉用具)
福祉用具専門相談員指定講習と資格要件の見直しについて、
❶福祉用具専門相談員の指定講習時間が40時間から50時間に変更と
 なりました。さらに、学習内容の習得度を確認する為、50時間の講習時間
 に加え1時間程度の修了評価も行われます。
➋これまでは福祉用具専門相談員の要件を満たす資格として、医師・看護
 師・准看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士
 ・義肢装具士・ヘルパー2級とありましたが、介護職員基礎研修1・2級課程
 及び、介護職員初任研修終了者は除外されます。
                       <平成27年4月施行予定>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今後はさらなる福祉用具専門相談員の質の向上・専門性の確保が求められます。

◆福祉用具専門相談員って何?
介護が必要な高齢者や障がい者に福祉用具※をレンタルや販売するときに、
 選び方使い方についてアドバイスをする専門職です。
 ※)最近の福祉用具は種類が増え、最新技術が導入されるなど、利用する場合
   に専門的な知識が必要になっています。
●指定居宅サービスとして福祉用具貸与事業を行う場合
各事業所に2名以上の専門相談員を配置することが定められています。
 ┃社会福祉士・介護福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・准看護師・理学療法士・
 ┃作業療法士などの医療系・福祉系の有資格者は福祉用具レンタル事業を行う場合
 ┃は、福祉用具専門相談員を代替して申請することが可能です。
ウィードメディカルでは、営業・建築作業・福祉用具管理のスタッフ全員が「福祉用具専
門相談員」の資格を有しております。その他、福祉系の資格取得に励んでおりますので
この場を借りてご紹介させていただきます。

◆ウィードメディカルスタッフの資格紹介♪ (平成26年4月1日現在)
☆車いす安全整備士・・・・・・有資格者現在 2名
車いす安全整備士とは、車いすの点検整備に専門的な技能をもち、車いすの安全利
用推進の中心的な役割を果たす認定資格です。

☆高度管理医療機器販売及び賃貸営業管理者・・・・・・有資格者現在 6名
管理医療機器を販売又は賃貸を行う場合には、営業所ごとに営業管理者を1名以上置
き、都道府県へ届出をし、許可を受けなければなりません。また、高度管理医療機器等
を販売又は賃貸を行う事業者は販売業等の許可を受けなければなりません。
いずれの場合も、営業所ごとに販売管理者若しくは賃貸管理者を設置することが義務付
けられております。
※吸引器・吸入器、パルスオキシメーターのレンタル・販売業を行う事業所に義務付けら
 れた資格です。

☆乾燥設備作業主任者・・・・・・有資格者現在 1名
乾燥設備作業主任者とは乾燥設備のうち、危険物等に係る設備を扱う際に必要になる国
家資格です。
マットレスの洗浄・消毒を本社の福祉用具管理設備で行っている当社では必須の資格と
なっております。

☆可搬型階段昇降機安全指導員・・・・・・有資格者現在 7名
可搬型階段昇降機は階段上で使用するという性質上、事故防止の上からも、昇降操作に
は操作技術が要求されます。介護保険制度では「可搬型階段昇降機」の提供を行う為に
は、有資格者が『当該福祉用具の使用方法、使用上の留意事項等について十分な説明
を利用者の家族等に行った上で、実際に当該福祉用具を使用させながら指導を行うこと』
が義務付けられています。
※可搬型階段昇降機安全指導員の許可がないと、可搬型階段昇降機を操作する事がで
 きません。

☆福祉住環境コーディネーター2級・・・・・・有資格者現在 6名
福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対し、できるだけ自立し、いきいき
と生活できる住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的に幅広
い知識を身に付け、各種の専門家と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを
提示します。
※保険者によっては、住宅改修の理由書の作成が認められています。

☆福祉用具選定士・・・・・・有資格者現在 4名
福祉用具専門相談員の資質の向上を図り、利用者やケアマネージャーに対して適切な福祉
用具の選定・利用に関する情報提供を行うことのできる、より専門性の高い福祉用具専門相
談員を育成することを目的に、一般社団法人日本福祉用具供給協会が独自に創設した資格
です。
※今年は新たに7名が資格を取得予定としております。

☆福祉用具プランナー・・・・・・有資格者現在 1名
福祉用具プランナーとは、福祉用具を必要とする高齢者や障がい者に対し、必要な福祉用具
の選択を援助、適切な使用計画を策定、利用の支援、及び適用状況をモニター・評価まで行
うことのできる専門家として、テクノエイド協会が提唱したものです。
※今年は新たに4名が資格を取得予定としております。
 また、有資格者は、今後、さらに上級資格である福祉用具プランナー指導員の資格を取得予
 定です。

≪その他、業務に関連した資格を持ったスタッフも多数在籍し、当社で活躍しております!≫

◆1◆ メーカー研修 ~各営業所の勉強会風景~
弊社では各営業所とも、月に2回は福祉用具メーカーさんにお越しいただき、日々進化する福
祉関連機器の新商品の勉強会や研修会等を行っております。
◆2◆ 朝礼時の3分勉強会 ~各営業所の勉強会風景~
週に1回3分勉強会と称して若手スタッフは福祉用具の紹介、中堅スタッフは福祉用具の導入
事例の発表を行っております。
◆3◆ インターネットを活用したテレビ会議システム
弊社ではインターネットを活用してのテレビ会議システムを導入し、各営業所との連携や情報
交換、全社での福祉用具勉強会を積極的に行っております。

また、年に1度の大阪でのバリアフリー展への視察や、各専門職のスキルアップ研修にも積極的
に参加しており、日々精進しております!

17_kaigohoken_omote

17_kaigohoken_ura