【鳥取本社】家具調トイレ セレクトR 自動ラップ商品のご紹介

●対象者 : トイレまでの移動が困難な方。
●目的 : 排泄を自立して行う、排泄介助の負担を軽減する。
●特徴・機能構成●
ワンタッチ操作で排泄物を袋に密閉でき、処理や手入れが簡単です。
梱包はそのままされている為、組み立てが不要です。水バケツと汚物受けもセットでついており、変更可能で
す。フィルムカセットと凝固剤は別売り代理店にて発注が必要です。木製の部分に汚れがつきにくく、肘掛け
や高さ等細かい設定が出来るセレクトRの特徴がそのままで、一つの処理方法である水バケツにも交換が出来る事が利点です。また、仕切りがラップポンより低い為、利益率が高いです。

●使用上の注意点●
セーフティーの“ラップポン”と仕組みは同じだが、大きさが異なる為互換性はありません。
排泄後、作動ボタンは立ち上がった状態で蓋もしないで押さないと引き込むフィルムが途中で止まる為、エラ
ーが出てしまいます。ビニールを密閉する部分のゴムとプラスチックは消耗品で、2つで12,000円ほど掛かり、約2年間で交換が必要となります。ユニット本体に荷重をかけると故障の原因になります。各市町村ごと
にゴミの処理が異なります。
再生紙でできた凝固剤はトイレに流しても問題はありません。一度、排泄を行うと必ず作動ボタンを押し、密
閉します。量が多くなると、密閉できなくなる場合がありますので、(フィルムにストップの文字が出たら残り
6回分で基本的には交換を行う事が望ましいです。
フィルム送りは1回押すと20ml出てきます。
①着圧やカットが出来ていないとエラーがリモコンに出ます。
②電気代は1日5回使ったとして1円ほどかかります。

★担当者のご意見★
アロン化成株式会社の西村様にご来社頂き、家具調トイレセレクトR自動ラップの商品紹介をして頂きました。
自動ラップ機能のあるポータブルトイレは介助者の負担を軽減でき、排泄物を密封することで臭いの問題も
軽減できる反面、消耗品が必要になり、従来の水バケツや処理袋の使用に比べてランニングコストが掛かる
点においてしっかり説明を行う必要があると感じました。
凝固剤やフィルムだけでなく、部品の一部も消耗品であることも忘れず説明を行っていこうと思います。介
助者の方が家を離れる時間が多かったり、高齢で汚物処理の負担が大きいご家庭にはニーズがある商品かと思
われます。一つの提案として、適宜ポータブルトイレが必要な方にご紹介していけたらと思います。