【大阪北営業所】アットグリップ&バスボード商品のご紹介


★バスボードH-S(はねあげくん)
バスボードはねあげくんはバスボードの中心部分が跳ね上げる事ができ、浴槽内に移動した後に跳ね上げる事
によって、浴槽内のスペースを確保する事が出来ます。
また、2つのグリップにより立位での浴槽への移乗動作を安全に行なえる商品です。従来バスボードは中重度者
をターゲットをしていたが、2つのグリップがあることによって、軽度者の方にも使用して頂けるように作られ
た商品でございます。

●はねあげが可能なメリット
従来のバスボードは移乗動作後に、介助者様がご利用者様を支えながらバスボードを取り外さなければならず
介助者の負担が大きく、ご利用者様にバスボードをとり外す場合は筋力的に難しい場合があります。取り外す
際には危険が伴う事もあります。
バスボードの一部が跳ね上げ可能になった事により、軽い力や弱い力でも簡単に浴槽への移乗後のスペースの
確保が安心・安全に使用する事が出来ます。

●2つのキノコ型グリップ
はねあげくんの跳ね上げ部分には2つのキノコ型グリップが付いており、浴槽内への移乗時に掴む事によって、
より安全に浴槽内に移乗する事が出来ます。この機能によって、【はねあげくん】はバスボードとしてだけで
はなく、入浴グリップとしても仕様する事が出来ます。最近の浴槽は湾曲がある浴槽も少なく、入浴グリップ
を設置する事が出来ない事も多くありましたが、そういった浴槽にも【はねあげくん】は対応する事が可能な
場合もあります。
また、キノコ型グリップは掌サイズになっており、指先でしっかりと握る事がでも、掌の力のみでしっかりと
プッシュアップする事が出来ます。キノコ型グリップは必要に応じて取り外しが可能になっています。



★アットグリップ【AT-C-930】
従来のレンタル手すりは屋内用で作られているものが殆どで、屋外の手すりが必要な場合は住宅改修で対応す
る事が殆どでありました。しかし、賃貸であったり、家に傷付ける事に抵抗があるご利用者様が多く、屋外の
手すり設置が難しい場合もありました。アットグリップは屋外で使用する事を前提に作られたレンタル手すり
で、玄関を出てから敷地外までの動線や高さ45cmまでの階段の手すりとして使用する事が出来る為、住宅改修
が難しいご利用者様の屋外手すりに対応可能です。

●障害物がある場合にも対応可能
アットグリップの支柱部分には左右45°づつの首振り機能が付いている為、玄関先に設置する場合などに柱等の
障害物がある場合でも、障害物を避けて設置可能です。

●手すりの高さ調節
手すりの高さは75cm・80cm・85cmの3段階の調節が可能の為、ご利用者様やお家の状況に合わせた調節が可能です。

●耐久性
屋外で仕様する事を前提としている商品のため、支柱部分やベースプレートは錆びないステンレスやアルミ等
を使用しています。
また、手すり部分は硬質の塩ビで外部を覆っている為、気温や日光による温度変化の影響が受けにくい素材に
なっています。

●アットグリップ AT-C-930T
アットグリップは手すりが片方のみのAT-C-930と手すりが両側にあるAT-C-930Tの2種類があります。

★担当者のご意見
アットグリップ商品とバスボード商品の紹介にアロン完成株式会社の杉井様にご来社頂きました。
従来、屋外用の手すりのご相談があった場合は、上がり框以外の場合には住宅改修で対応する事が多くありま
したが、今回アットグリップの登場により屋外の動線確保や安全な段差昇降をレンタル手すりで対応する事が
出来る様になりました。しかし、安全に設置する為にはベースプレートを安定して置けるスペースやガタツキ
の無い床が必要がある為、メーカーが出しているチェックリストを活用し、搬入前の事前訪問にて設置可能か
どうかを確認する必要があります。
バスボードは中重度者を主なターゲットにしており、軽度者に対しては入浴グリップは浴槽台で安全な入浴を
確保してきましたが、入浴グリップを設置できない浴槽も多く軽度者の方の入浴補助用具の選択肢を増やす事
が出来る商品だと感じました。
また、ご利用者様がお元気な時に導入しても、将来的に中重度者になった場合にも『はねあげくん』は使用す
る事が出来る為、長期間で使用出来る商品であると感じました。